calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

categories

archives

Amazon







楽天市場

ブログ村ランキング(退会しました。ありがとうございました!)

Twitter

ご訪問ありがとうございます!

アクセスカウンター

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2019.08.30 Friday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    角膜ジストロフィー

    0

       

       

       

      1ヶ月くらい前、シェリーの右目に突然”めやに”の様な

      もやっと白いものがあらわれました。

       

       

      まさか…?

      と思い、診察を受けたところ、やっぱりそうでした。

       

       

      角膜ジストロフィー。

       

       

      遺伝的素因があるとのことで、キャバリアによくみられる疾患だそうです。

      ※この記事の一番下に目の拡大写真を載せますので、どんな感じかご参考にされたい方はご覧ください。

       

       


      そしてちょうどこの時期、目の周りがかゆくなるみたい。
      去年もだったのだけど、目頭がハゲハゲしてきて、すごくかゆそう。


      前足でカイカイしては目にキズが付き…
      角膜ジストロフィーと併せて、角膜びらんの診断もついてしまいました。

       

      かゆみがおさまればハゲハゲは次第にもとに戻るはず。

       

       

      角膜びらんは眼軟膏で治療できるのですが、角膜ジストロフィーは一生のお付き合い。
      治療法は確立していないそうです。

       

      左のステロイド軟膏はかゆみが治まるまで。

      右の軟膏は、目の表面を守る油膜になるもの。

      ※シェリーはマイボーム線の働きが弱いので、涙液の蒸発を防ぐ役割にもなります。

       

       

      恐ろしく聞こえるこの病名。

      ピヨちゃんから伺っていたので、診断が下りた際もパニックにならずに済みました。

       

      幸いにも、本犬には痛みがないそうで、それだけは救い。

       

       

      治療法は無いとのことでも、ネットで調べれば、いろいろと諸先輩たちのアドバイスがありました。

       

      シェリーが元気であることに変わりはないので、悲観しないようにしないとね。

       

       

       

       

      シェリーの角膜ジストロフィー、少しでも小さくなーれ!

       

       

       

      にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ

       


       

       

       

       


       

      ※以下、目の拡大写真です。

       


       

       

      虹彩の下半分あたり。もやっとした白い影。

       


      スポンサーサイト

      0
        • 2019.08.30 Friday
        • -
        • 11:43
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする








           
        この記事のト ラックバックURL
        トラックバッ ク