calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

categories

archives

Amazon







楽天市場

ブログ村ランキング(退会しました。ありがとうございました!)

Twitter

ご訪問ありがとうございます!

アクセスカウンター

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2019.11.28 Thursday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    「キャバちゃん」見つけた!|シェリーと出会う

    0

       

      こんにちは!

       

      引き続き、シェリーとの出会いまでを綴ります。

      いよいよ出会いました。よろしければお付き合いください。

       

      第1回:「キャバちゃん」を知る|初めての出会い

       

      第2回:「キャバちゃん」を探す|シェリーはどこ?(1)

       

      第3回:「キャバちゃん」を探す|シェリーはどこ?(2)

       

      第4回:「キャバちゃん」見つけた!|シェリーと出会う ※この記事です。

       

       

       

      ♪♪♪♪♪♪


      翌朝。

       

      日課になっていた「キャバちゃん」探し。


      昨夜「お迎えを見送ろう」と判断したものの


      夜な夜な各webサイトはしっかりチェックしていた父。

       

       

       


      翌朝、母が起きるやいなや

       


      「この子見てみて!!」

       


      ペットのコジマのHPでした。

       

       

       


      「昨日の夜、登場したみたい」

       

      「この子、いいんじゃない!?」

       

       

      父、ピンとくるものがあった様子。

       

       

       


      お迎えを見送ると決めた矢先のことだったので
      ちょっと動揺したけれど。

       


      幸いにも都内のコジマ。

       


      すぐに朝から支度して家を出ました。


       

       

       

      初めて訪れるショップでした。

      店内は広く、どこにいるのかな〜〜〜??


      すぐに「キャバちゃん」をひと目見るべく
      ウィンドウへ向かうのですが…


      父、なぜか物販コーナーへ。

       

      父曰く。
      勿体ぶりたかったそうです!
      逸る気持ちを落ち着かせたかったみたい。

       

       

       

       

      たくさんのパピーちゃんがいる中、
      すぐに見つけました。

       

       

      ウィンドウの中の「キャバちゃん」。

       


      父はもう、
      心が決まっていました。

       


      母もこの子を見て、
      確信しました。

       

       

       

       

      早速抱っこさせてもらいました。


      今まで多くの「キャバちゃん」に会って
      抱っこさせてもらいましたが


      どの子もあまり懐いてはくれませんでした。

       

      イコール

       

      『家族になる』イメージを抱けなかった

       

       

      お迎えを見送る判断をした、大きな理由でした。

       

       

       

       

      この「キャバちゃん」は

       

      父が撫でればぺろぺろ舐めて、

      母が抱っこすれば顔をうずめて

       


      私たちを受け入れてくれた。(と思う)

       

       

      初めて懐いてくれた子でした。

       


      そうなるともう、どうしようもないくらい、メロメロ。
      すっごくかわいい。
      かわいいってもんじゃない!


      溺愛の始まり。

       

       

       

       

      お店のお姉さんは

      「キャバリアとは…うんたらぴーたら…○×△◇□&%……」

       

      目の前の「キャバちゃん」のことを

      丁寧に説明してくれるのですが

       

      私たちの耳には「キャバちゃん」に夢中であまり届かず。

      (スミマセン…)


      そんなお姉さんも、ご実家でキャバリア多頭飼いをされているようで
      やさしいキャバリア愛に溢れていました。

       

       

       

       

      さて…

       

      引っ越し当日まで、あと2週間ある。

       

       

      この「キャバちゃん」を
      にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
      にほんブログ村

       

       

      今の自宅(ペット不可)には連れて帰れない!

      どうしよう!