calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

categories

archives

Amazon







楽天市場

ブログ村ランキング(退会しました。ありがとうございました!)

Twitter

ご訪問ありがとうございます!

アクセスカウンター

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2019.11.28 Thursday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    だいたい一周して思ったこと

    0

      「たまには記事を書いたら?」との「てぃ」のご意見で

      本当はブログ発起人で仕事にかっこつけて(?)書けなかった

      わたくし「たー」が書かせて頂きます。

       

      シェリーは、生まれてから今日で1歳と11カ月23日となりました。

      やっていないこともたくさんあると思いますが、シェリーの感情を察すると一番何が良いか。。まだ分かりません。

      しかし、本当に興奮して楽しくしているのは、これらかなと。

      1. ロープ遊び。
      2. たまごちゃん投げ(持ってきて)。
      3. 鬼ごっこ。
      4. 単純に「一緒にいる」こと。
      5. 雪遊び(スノーシュー)
      6. 森みたいな土や芝生の上を歩いたり走ったりしている時。
      7. (たぶんまだある)

      逆にワースト的なのは、、

      1. 他犬種のいるドッグラン
      2. ドッグマラソン(ドッグランと似ていて、後ろから勢いよく追っかけられること)
      3. (たぶんまだあるかも)

      ※やっていないことをやってみてシェリーが喜んでいるものに絞りながら、苦手な事も克服しているか少し確認しながら進めてみようと思っています。(苦手な事を無理やらせることはしません)

       

      タイトルでも書いている「だいたい一周で思ったこと」言えば私にとっては

      「犬の声を聞け」

      です。

      (これはぶれない。ぶれたくない)

       

      これを見失ったらヤバいな!と思っています。

       

      話せないからこそ、よく吟味して購入してあげているかなと。

       

      そもそも、シェリーを迎え入れた時の気持ちを忘れてはいけません。

      # その時の根本にある目的は、特定のブランドを買い与える事、どこかに一緒にいく事、ではありませんから。

       

      シェリーにとって何を買うにも同じ事が言えます。(ここ大事)

      • (洋服とか)機能性ってどういう事?本当に大丈夫なの?
      • (ドッグフードとか)食いつきって何?
      • (おもちゃとか)楽しくワンちゃんが遊べますって何?
      • (犬はこれが良いと言ってくれないので飼い主のセンスもとても大事)

      とか買う前に自問自答しています。

      またはメーカーに問い合わせる場合もあります。

       

      日本のドッグアイテム事情ってまだ黎明期に感じています。

      使用している物はインポート物が多いんです。

       

      まぁ衝動買いはありますが(汗)、もし、我々(人間)が一方的なものだと判断したものは直ぐに排除です。

       

      何が良いのか?何をすると喜んでくれているのか?こちらも心から楽しいのか?

      シェリーの年齢によっても違うかもしれません。

       

      だから、その時その時のシェリーの表情を凝視します。

      ケースバイケースですが、基本的に人間主体ではいけないと思っています。

       

      ============−

      そう思ったのも、以前に熱帯魚(水草水槽)に凝った事がありまして、

      熱帯魚って水作りや酸素、二酸化炭素などなど犬と全く持って違うところは、飼うための状態に時間とスキルが必要。

       

      色々なアイテムがあって「これこれが良い」とか「これが常識!」とか色々と売り文句が当たり前のようにありと試しました。

       

      しかし、熱帯魚を飼うには(水が濁らない、魚が生き生きした環境、水草も生き生きしている環境になるのに)

      結局「これとこれで良かった」と絞れている自分がいて、熱帯魚の場合はそんなに高価な物でもなく、安すぎない物、且つシンプルなものでした。

      色々とやったから分かったんだと思いますね。

       

      プロという方もそれを使っている事に後で気付き「絞り込んだ物は正しかったのかも」と思った記憶があります。

      (ちなみに「プロ」が作った水草水槽が「すみだ水族館」の一部としてあります)

       

      熱帯魚の経験が犬に当てはまるとは思っていなかったですが、ちょっと似ている部分があると感じています。

       

      「これが正解です!」

      と謳っているものは、熱帯魚の世界でも犬の世界でもないですものね。

       

      だから自分に言い聞かせています。

      「シェリーの心の声を聞け」

      と。

       

       

       

       

       

       

      にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ