calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

categories

archives

Amazon







楽天市場

ブログ村ランキング(退会しました。ありがとうございました!)

Twitter

ご訪問ありがとうございます!

アクセスカウンター

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2019.11.28 Thursday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    「キャバちゃん」を知る|初めての出会い

    0

       

      こんにちは!

      いつもご訪問ありがとうございます。

       

       

       

      少しずつ、シェリーと出会うまでの事をを綴っていこうと思います。

       

      長文ですがどうぞお付き合いください。

       

      ※写真は木場公園で遊んだときのものです。

       

      ♪♪♪♪♪♪♪

       

      シェリーが我が家へ来て、1年9ヶ月。
      2016年6月に家族になりました。

       

       

       


      「キャバリア」という犬種を知ったのは、
      2014年の9月。3年半前のこと。

       

       

      とってもお天気の良い日でした。

       

       

      はじめての経験は、どんなに歳をかさねても
      いつでもやってきて
      私たちを感動させてくれます。

       

       

       

       

      ある日、お彼岸へ行った帰り道のこと。
      私たちは突発的に近くにあったペットショップへ立ち寄りました。

       

       

      わたしは生まれてこのかた、”生き物を飼う”という経験を
      一度もしたことがありません。
      (父は犬飼育経験があります)

       

       

       

       

      さらには、「なぜ、みんな犬や猫をを飼うのだろう?」
      くらいに思っていました。

       

       

      こんな感じで生きてきたため、犬種なんてまったく知りませんでした。

       

       

      なんとなくテレビで見るくらいの犬種が分かるくらいでしょうか?

       

       

       

       

      今ではそれなりに知識が増えましたが、


      チワワにもロングやスムースタイプがいることや
      プードルにもサイズがあること…

       


      知らなかったことを数え始めたらキリがありません。

       

      お恥ずかしいかぎりです。

       

       

       


      さっそく私たちは店内を見渡します。

       


      ウィンドウの中で、くるくるじゃれまわる、
      ぬいぐるみ(に見えた犬)たち。

       

       

       

       

      どの子たちも


      ころころした体型がかわいいなぁ、

      あ、あのこ、しっぽ噛んでる!

      おなか丸出しで寝ている子もいるなぁ。

       

      とにかくかわいいのです。

       

       

       


      みんなもこもこ団子になってじゃれあっていました。

       

      でも、その中で、違う動きをしている子がいるのです。

       

       

      …………???

       


      そう、それが人生で初めて、キャバリアを知った瞬間でした。

       

       

       

       

      目がくりくりして、耳がぴらぴらして
      茶白の被毛がなんともかわいい…。

       

       

      なに、「キャバリア」って。
      お店のお姉さんたち、「キャバちゃん」って呼んでるけど…。
      なんだ「キャバちゃん」って。
      初めて聞く名前だよ??

       

       

      短い手足でぴょこぴょこ動き、一生懸命お水を飲んでいる姿は
      やさしくあったかい気持ちにさせてくれました。

       

       

       

       

      じっとその「キャバちゃん」を観察していると
      お店のお姉さんは私たちに合図を送ってきました。


      右手にトイプードル、左手に「キャバちゃん」を抱えて
      ”どっち?”と。

       


      今でも忘れません。

       

       

      左手に抱えられた「キャバちゃん」に”うん”と合図を送りました。

       

      犬を抱っこすること、
      なんと、これも人生で初めての出来事でした。(母は。)

       

       

       

       

      どうやって抱っこしたらいいのかな?と戸惑いながら
      落っことさないように必死で抱きしめ
      背中の毛並を撫で、
      子犬の軽さにおどろき…

       

       

      私たちは落ちました。

       

       

      「キャバちゃん」に。

       

       

       


      なんて愛くるしいのだろう。

       

      こんなに可愛い犬がいたんだ…

      なぜ知らなかったのだろう……


      今すぐにでも連れて帰りたい…!


       

       

       

      今までにない気持ちになりました。
      ひと目ぼれ、とでもいうのでしょうか。


      しかし、この時の住環境では連れて帰れません。

       

      後ろ髪をひかれました。
      相当なものでした。

       

       

       


      それからというもの、「キャバちゃん」の生態を知るべく
      片っ端からネットで調べる日々。

       

      いろいろな方のブログを読み漁ってみたり

       

      時には図書館へ行き、犬図鑑を穴が開きそうなほど見つめてみたり

       

       

       


      知れば知るほど、「キャバちゃん」に夢中になりました。


       


      にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
      にほんブログ村